So-net無料ブログ作成
検索選択

高校入試にTOEFL活用 大阪府、独自に得点換算 [英語全般]

別にTOEICが選ばれなかったから僻んでいるいるわけではないのですが、今日のニュース

高校入試にTOEFL活用 大阪府、独自に得点換算

にはビックリです。

なんでも、

TOEFL、英検、英国で主に使われているIELTS(アイエルツ)の3種類

を使い、

大学生レベルの英検準1級、TOEFL60点、IELTS6を、入試で100点に換算する。

ことで、

日本の将来を支えるリーダーとなる素質を持った子たちの頭を押さえる教育から脱却する

のを狙うのだそうです。

完全におかしくなっていませんか?      


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

gogakutan

こんばんは。時折拝読しております。
大阪在住ですが、このニュース知りませんでした。

確かに、高校入試(中学修了時)で英検準1級だとかは
すごいと思います。
ただ、この手の話でおかしいのは、「どうやってそこまで子供たちに英語を身につけさせるか」「英語をどうやって教えるか」が全く議論されてないように見受けられることです。
確か、中学の教科書を修了しても単語力は1200語程度だそうです。
というか、英検3級が中学3年生レベルを想定しているのですから、英検準1級という大阪府の基準は「教科書や学校の授業と関係なく英語を身につけられる子を選別する」のが目的なんでは?と勘ぐってしまいます。
義務教育では突破できない壁を入試に設けるのは教育として間違っています。親の世代の格差を子の世代に継承させることになると思うからです。
本気で将来日本のリ(略)脱却するなら、子供を押さえつける基準を決めるのではなく、子供たちを伸ばす方法について考えて頂きたいと思います。
すみません、ついカッとなって長々書いてしまいました。
まぁこういうことを考えている英語学習者もいるんだと思ってください。
by gogakutan (2013-09-21 01:24) 

柴犬

亀レスで済みません。
また、
>時折拝読しております。
そうで有難うございます。

TOEFLにも高校生レベル向けがあるそうですが、今回の記事内容からして、一般向けの分と推測しますが、北野、天王寺クラスの受験生でも難しいと思います。

それ以前に、
>どうやってそこまで子供たちに英語を身につけさせるか
も大変重要なご指摘です。

中学の英語教員のTOEIC平均が以前に680点位とどこかで読んだことがあるのですが、TOEFLの試験準備を指導させるのは難しいのではと危惧します。

また、TOEFLの受験料225USドルは、親御さんにとっても大きな負担です。

でも、それ以前に、果たして何名の教育委員ががTOEFLを実際に受験し、その大変さを分かっているのかということです。

自動車を運転したことが無い人が免許制度を作っているような感じに思えてなりません。

橋下さんの意向が働いているのでしょうが、数年先の中学生に無駄な負担を与えないためにも、何らかの見直しがされることを願ってやみません。

by 柴犬 (2013-09-21 21:00) 

空色

はじめまして。

記事を見ると、当日の入学試験のスコアよりもTOEFL等の換算スコアの方が高ければそちらを使ってもらえるという制度なので、TOEFL等の受験が必須というわけではないようですね。

ただ、TOEFL60点ってTOEICに換算すると600点程のようです。それで100点に換算されてしまうテストってどうなんでしょうね...

by 空色 (2013-10-08 01:26) 

柴犬

空色さん、

またまた超遅返信で失礼します。

>TOEFL60点ってTOEICに換算すると600点程のようで
>それで100点に換算されてしまう
こんなの普通の高校受験生=普通の中学生には無理だと思います。また、指導できる先生がどれだけいるのでしょう?
それ以上にこういう問題を検討する委員?がおかしいのではないかと思います。
by 柴犬 (2013-10-12 06:22) 

NO NAME

運営者 様

初めまして、山田と申します。
様々な分野でのメディア運営や大手企業様のWebプロモーションなどのサービスを提供している会社で勤務しております。
このたび、貴媒体から有料で広告リンク掲載して頂けないかご相談をさせて頂きたくご連絡差し上げました。(相互リンクが難しいため)

弊社は現在、クライアント様のウェブプロモーションをしております。
現時点ではクライアント名を述べることはできませんが、世間一般に名の通った大手企業様です。

そこで、有料契約にて貴媒体からの広告リンク掲載をお願いしたくご連絡差し上げました。
貴媒体は有用な情報を掲載されており、是非広告リンク掲載をお願いしたいと考えております。
クライアントも、貴媒体からの広告掲載・タイアップを熱望しております。

是非、掲載位置や料金等のご相談をさせて頂ければと考えておりますが、ご意向をお知らせ頂ければ幸いに存じます。
誠にお手数ではございますが、ご返信は貴サイト名及びURLをご記入の上、下記連絡先にご連絡頂きますようお願い致します。
E-mail: ik-web@outlook.com  山田
(メールアドレス自動収集ロボットなどの対策のため、上記メールアドレスには全角の「@」を記載しております。
 お手数ですが、お返信の際は半角の「@」に変更してください。)

何卒宜しくお願い致します。


by NO NAME (2014-11-25 16:43) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。