So-net無料ブログ作成
検索選択
TOEIC SWテスト ブログトップ

勉強の進み具合@TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト [TOEIC SWテスト]

といっても殆ど進んでいません。

11月のTOEIC(リスニング/リーディング)公開テストの帰りに、

TOEIC(R) テスト スピーキング/ライティング問題集

TOEIC(R) テスト スピーキング/ライティング問題集

  • 作者: 千田 潤一
  • 出版社/メーカー: 研究社
  • 発売日: 2010/11/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

などを買ってきたのですが、その後暫くは別用でバタバタしていたため放置状態でした。(いきなり言い訳で済みません。)

それでも、時々鞄から取り出して読んでみたところ、結構ハードルが高いことも分かってきました。

そこで、その解決方法をブロガー各氏から学ばせてもらおうとインターネットで検索したのですが、これまた情報が非常に少ないです。

そんな中で、先の千田先生の本も昨晩ようやく読み終えたような状況ですが、ひとまず第一歩を踏み出した状況をまとめます。

入口が分からない

通常のTOEIC(リスニング/リーディング)テストの場合、取りあえずPART5からとか千本ノックからとかいった入り方がありますが、TOEICスピーキングテスト/ライティングテストの場合は、それに相当するような入口が未だ見つかりません。

ゴマカシが効かない

マークシート方式のような、どれかにマークすれば当たるかもしれないといった解き方はできません。話さなかったら、或いは書かなかったら0点があり得る厳しいテストであることを知りチビリました。

過疎的な環境

まるで、クラス中が友達だった小学校から、生徒一人、先生も週に3日程度通ってくる過疎の村の小学校に転校したような気分です。また、公開テスト夜のTBRとか次々に出てくる新しい参考書とか、ワクワクするイベントも今のところ見当たりません。

本当は、1月のTOEICスピーキングテスト/ライティングテストを受けるつもりだったのですが、一旦は見送りです。

この年末年始も少しづつ慣れるようにしてみますが、通常のTOEIC勉強とどうバランスするかも併せて考えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
TOEIC SWテスト ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。